電話: (021) 6164-3650
インプラント:人工歯

唇側矯正

  唇側矯正は最も一般的な矯正方法で、歯の表面に『マルチブラケット装置』という矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定させることで、歯を引っ張っていきます。
  ブラケット装置の役割は、歯にワイヤーの力を均一に与えるためのもの。
 
  ワイヤーが外れてしまっては治療効果があがりませんので、ブラケットからワイヤーが外れないように、ゴムなどでしっかり固定させていきます。
 
  こうして、歯は長い時間をかけてゆっくりと移動し、理想的な歯並びになります。
 
  唇側矯正のメリット
 
  ①最もよく行われていた矯正法なので、十分な実績がある。
 
  ②基本的に全ての不正咬合に対応可能である。
 
  唇側矯正のデメリット
 
  ①歯の表面にブラケットやワイヤーなどの矯正装置を付けるので、見た目が気になる。
 
  ②矯正中は基本的に虫歯になりやすくなるので、注意深く歯のケアを行わないと虫歯が出来てしまう恐れがある。
 
  ③矯正によって歯根吸収(歯の根っこが溶けてしまうこと)が起こってしまうことがある。歯根吸収の原因は不明だが、万が一重度の歯根吸収が起こってしまった場合には、矯正治療の中止や歯の連結?固定などが必要になることもある。

歯科医師プロフィール

患者よりのコメント

スケーリング

保険
恒佳歯科チェーン