電話: (021) 6164-3650
インプラント:人工歯

アライナー(見えない矯正)隐形矫正

  女性に人気の見えない矯正 クリアアライナー
  矯正治療を受けたいが、中にはどうしてもブラケットやワイヤーがお口の中に入るのを嫌がる人もいるでしょう。そんな人のためには、「アライナー」と呼ばれる透明な薄いマウスピースを装着して、歯を動かしていく方法があります。
 
  クリアアライナーとは、ブラケットやワイヤーを使わない透明なマウスピース型の矯正装置です。
 
  このマウスピース型のクリアアライナーは透明なので治療中も目立たず、食事の時に装置を取り外せるなど、大きなメリットがあります。
 
  理想的な歯並びになるように、少しずつ歯を移動させた状態のクリアアライナーを製作し、そのクリアアライナーを装着することで歯を矯正していきます。歯の移動量をコンピュータで測定しながら製作するので、正確かつ画期的な矯正装置といえます。
  クリアアライナー
  クリアアライナー装着時
 
  クリアアライナーのメリット
 
  目立たない
 
  従来の金属ワイヤーとブラケットによる矯正装置とは違い、透明なマウスピース型のため、目立たず周囲から気づかれにくい装置です。ブラケットを装着する必要がないため、矯正後の後戻り治療にも最適な装置です。
 
  取り外しができる
 
  食事や歯磨きの時は、矯正装置を取り外すことができます。従来のワイヤー矯正では困難だった歯磨きが不自由なく行えるため、口腔内を清潔に保つことができます。
 
  違和感が少ない
 
  金属ワイヤーとブラケットのような装置自体の異物感が少なく、「話しづらい」「口内炎がよくできる」等の不快症状がありません。
 
  痛みが少ない
 
  他の矯正装置(ブラケット矯正やインビザライン等の)と比較して、一般的に費用的な負担が少なく、経済的な矯正装置です。
 
  違和感が少ない
 
  厚みが違う2種類のクリアアライナー(ソフト/ハード)をステップ毎に使用して、ご自身の咬む力で優しく歯を動かすため、痛みが出にくい矯正装置です。3種類(ソフト/ミディアム/ハード)を使用して、より痛みを少なくすることも可能です。ワイヤー矯正のような調整直後の強い痛みがありません。
 
  矯正中の虫歯治療が可能
 
  クリアアライナーは、毎回型取りをして製作するため、矯正治療中でも虫歯の治療が可能です。(インビザラインは困難)
 
  同時にホワイトニングができる
 
  クリアアライナーを利用してホワイトニング(ホームホワイトニング)を行うことができます。ブラケットがないため、ァ≌ィスホワイトニングも可能です。
 
  クリアアライナーのデメリット
 
  適応症が限られている
 
  奥歯の咬み合せに問題のない前歯部の歯列不正や後戻りの治療、スペースの閉鎖などが主な適応症です。抜歯が必要な場合や上下顎の大きな不調和、複雑な歯のコントロールなどはクリアアライナーでの治療は困難です。
 
  毎回歯型を取る必要がある
 
  アライナー作製のために毎回、歯型を取る必要があります。(通常3週間毎)
 
  クリアアライナー
 
  目立つ矯正器具をつけて暮らすのはちょっと…とお思いの方も人生を変えるきっかけになるかもしれません。
 
  ぜひお気軽にご相談ください。

歯科医師プロフィール

患者よりのコメント

スケーリング

保険
恒佳歯科チェーン