電話: (021) 6164-3650
インプラント:人工歯

舌側矯正(インコグニート)

  舌側矯正は「裏側矯正、見えない矯正」などともいわれます。矯正装置が歯の裏側に装着されているため、ほとんど目立たずに治療出来るのが最大の特徴です。
 
  舌側矯正の特徴
 
  1.目立たずに治療が出来る
 
  リンガル矯正(舌側矯正)では歯の裏側に矯正装置をつけるため、治療している事は周りの人からほとんど気付かれません。接客業、モデル、芸能関係など、見た目の制約が多い職業の方でも他人の目を気にする事なく治療が出来ます。
 
  2.エナメル質にダメージがない
 
  矯正装置を付けた歯面は治療中もしくは装置撤去時に多少なりともダメージをうけます(表面のわずかなクラックetc)。リンガル矯正(舌側矯正)の場合、装置は歯の裏側につくため、見た目が最も気になる歯の表側のエナメル質にダメージを与えることなく治療が出来ます。
 
  3.虫歯になりにくい
 
  歯の裏側はだ液の緩衝作用よって、表側より虫歯になりにくい環境にあります。
 
  装置をオーダーメイドする舌側矯正【インコグニート】
  インコグニートは、お口の中の違和感を減少し、効率よく安定した治療結果が得られるように、患者さんごとに矯正装置をオーダーメイドする舌側矯正システムです。
 
  装置そのものが、治療にあわせてオーダーメイドされるメリットは大きく、表側からの歯列矯正と比較して難度の高い舌側矯正において、さまざまな面で有利な治療システムだと考えています。
 
  インコグニートのメリット
 
  歯の裏側は表側と比較して形が複雑なため、一般的な表側の矯正装置と比較して、舌側(裏側)の矯正装置は複雑な形状になりがちです。そのため患者さんの違和感もつよく、矯正治療の難易度も高くなります。
 
  インコグニートを使用した舌側矯正では、最終的な歯ならびにあわせて、コンピュータ上で、それぞれの患者様に最も適した形状の矯正装置を設計します。設計から一貫して自動的に装置が製作されるため、とても精度の高い矯正装置をそれぞれの患者様にあわせて最適な設計でつくることが可能なのです。
 
  患者さん自身が実感できる最大のメリットは、歯の裏側に接着した矯正装置全体の厚さが薄く、従来の舌側矯正と比べて違和感が少ないことです。
 
  また、歯の裏面を広く覆って接着するため、装置の脱落も少なく、虫歯にもなりにくい構造になっています。
  矯正前
  矯正後

歯科医師プロフィール

患者よりのコメント

スケーリング

保険
恒佳歯科チェーン