電話: (021) 6164-3650
インプラント:人工歯

虫歯治療 蛀牙治疗

  虫歯(う蝕)とは、口の中で繁殖した細菌が、食べカスなどの糖質を分解して酸を出し、これが歯を溶かして穴をあけてしまう状態のことをいいます。
 
  虫歯の進行と治療方法
 
  ほとんど自覚していない初期虫歯なら、毎日のブラッシングなどで元にもどる(再石灰化する)ことが多いのですが、黒い穴ができてきたら早めに治療を行うことが大切です。治療や痛みが大きくならずに済みます。 当院では、痛みが苦手な方には痛くない麻酔もご用意しております。
 
  C0(表面の脱灰)
 
  酸が解け始めた状態で、見た目ではほとんど虫歯とわかりません。
 
  毎日のブラッシングで進行しないようにしましょう。
 
  C1(初期虫歯)
 
  歯の表面に穴ができた状態で、痛みはありませんが、レジン(プラスティック系の詰め物)などで治療が必要です。
 
  C2(中期虫歯)
 
  表面のエナメル質より内部に穴が達した状態で、冷たい物や甘い物がしみ始めます。インレー(患部を削ったあとの大きな詰め物)やクラウン(広く削った場合に表面を覆うタイプの被せ物)などの治療が必要です。
 
  C3(後期虫歯)
 
  虫歯が神経にまで達しています。根の中の管の消毒が必要になります。クラウンなどで修復します。
 
  C4(末期)
 
  大きな虫歯のため、歯が大きく破壊されています。ほとんどは抜歯になります。 しかし、条件がそろえば、再植や矯正的挺出、歯冠長延長術などで残せる場合があります。ご相談下さい。

歯科医師プロフィール

患者よりのコメント

スケーリング

保険
恒佳歯科チェーン